FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

ガンプラ製作 MSM-07 ズゴック

2014年 02月04日 00:51 (火)

今回もガンプラです。昔、挫折した自分への宿題を済ませました。当時は1/100のモナカキットで挑戦したのですが、思うような工作ができずじまいになっていました。製作期間は2010年の後半で、一日一時間くらいの作業で三ヶ月くらいかかってしまいました。

キットはこちら。
20140204001.jpg
製作にあたっては、コンセプトでちょっと悩みました。ジャブローでの運用は前提としていたのですが、ジャングル迷彩にするか、突入部隊みたいな感じにするかとか。結局、パッケージに引かれて、潜水艦的なイメージで行くことにしました。

完成したものがこちらです。
20140204002.JPG
ケースはホームセンターで購入。バックはスプレー塗料でグラデーション塗装しています。本体はケースにビスで固定しています。上半身と右腕はギミックの関係で動きませんが、その他の関節は可動が生きていますので、多少表情が変えられます。

では、外装の改造について。
20140204003.JPG
全体的には、エッジを立たせるようにペーパーをかけました。
右前腕部はジャンクパーツなどから新造。クローはプラ板からのスクラッチです。
左腕は特に改造していませんが、クローをキンキンに削り込みました。左前腕部にくっついているのは、オリジナル武装の大型魚雷ランチャーです。
股間の六角形のモールドはジャンクパーツの貼り付け。

20140204004.JPG
股間の前後には方向舵的にフィンを取り付けました。また、膝の裏にトラス状のパーツを張って、強化装甲を表現しました。

20140204005.JPG
バックパックは先端にジャンクパーツを貼り付けて、出力強化をアピール。左肩にはサーチライトを増設しました。パッケージではモノアイがサーチライトみたいに光っているんですが、ちょっとそれはちがうだろ・・・ということです。
胸の丸いダクト(?)にはバイクのプラモのラジエータのモールドを埋め込みました。また、その下の排気ダクト(?)は溝を深く削りこんでいます。

20140204007.JPG
頭頂部に高感度ソナーを増設。魚雷発射管の間のモールドはプラ板の細切りを貼り付け、センサー的な雰囲気にしました。このモールドは両腕と両足の側面にも施しました。
後頭部から出ているコードのようなものは、電飾用の光ファイバーです。

20140204008.JPG
岩は水槽用のアクセサリーです。ケースのバックと同様のグラデーション塗装をしました。脇にくっついてるのは、ガシャポンの深海魚です。深海魚って意外とでかい奴が多いので、結構スケールにマッチしてるんじゃないでしょうか。

ウェザリングやマーキングは我ながらやりすぎてしまう傾向があるので、極力やらないようにしました。潜水艦がコンセプトなので、本体色はつや消しブラックとかダークグレーとかがリアルな色なんでしょうが、私的にはあまりミリタリー寄りではないので、ダークブルーの半光沢にしました。

次回は電飾とギミックをご紹介します。

ガンプラ製作 MS-09 ドム その2

2014年 01月30日 01:04 (木)

前回のドム製作の続きです。

ドムの製作に当たって、どうしてもクリアしたかったのは、モノアイの電飾でした。昨今のガンプラの雑誌作例などを見ると、MSアイとかのパーツを貼り付けるのが主流のようですが、ファースト世代としては、やはりシールドの奥のターレットを、光るモノアイがきょろきょろ動く、というのがイメージなんです。

というわけで、電飾のポイントは3箇所、モノアイ、拡散ビーム砲、バズーカです。

まず、モノアイですが、1/144の頭部なので、LED光源は体外に置き、光ファイバーで引っ張ることにしました。拡散ビーム砲は腹部に十分なスペースがあったので、LEDを直に据え付けています。バズーカは手元にあったムギ球を使用することにしました。結果的には三箇所の輝度が違うことになり、メリハリがついたんじゃないかと思っています。

20140130001.JPG
足元に光源があります。ここから光ファイバーを出して、スカート裏から体内を貫通して頭部へ伸ばしています。

20140130002.JPG
コントロールボックス(電源、スイッチ類)とのコネクターはケースの横から出しています。コネクターはパソコン用のものを使用しました。

20140130003.JPG
コントロールボックスの上面。箱は100円ショップで購入した小物入れです。
Bがバズーカ、Fは拡散ビーム砲(フラッシャー)の点灯、十字キーみたいなのがモノアイのコントロール。左手前の丸いボタンはメイン電源スイッチになっています。

20140130004.JPG
前面から見たところ。ぐちゃぐちゃですね(涙)・・・単3電池2本を2系統で計4本使用します。

20140130005.JPG
ふたを開けたところ。手探りであれこれ試行錯誤しました。

20140130006.JPG
モノアイコントロールの真裏。輪ゴムで引っ張り合うことで、十字スイッチから手を離したときは常にモノアイが中央に戻るようになっています。

20140130007.JPG
20140130008.JPG
20140130009.JPG
5個のLEDを点灯させて、あたかもモノアイが動いているように見せかけているのです。シールドは、十字ターレットを整形した後、型紙を作って製作。材料はこれまた100円ショップで購入したサンバイザーを使いました。また、光ファイバーの固定には金属製のパイプ状のビーズを使用しています。

20140130010.JPG
拡散ビーム砲の点灯時。さすがにLED直付けだと輝度が強いですから、この用途にはぴったりです。

20140130011.JPG
バズーカ点灯時。偶然にもこのキットのバズーカの内径とムギ球がぴったりで、固定にはまったく苦労しませんでした。輝度を上げるのと、光漏れの防止をかねて、バズーカの内側にアルミシール(ラピーテープ)を貼っています。

20140130015.JPG
バズーカの色は、下塗りのサーフェイサーのグレーがかっこよかったので、そのまま使用。部分的に少し濃いグレーをアクセント程度に塗っています。

20140130012.JPG
3箇所同時点灯!!

20140130014.JPG
元のキットではビームシールドが装備されていましたが、ドムには合わないと思いましたので、オミットしました。しかし少々物足りなさもあったので、急ごしらえの装備というマイ設定で実体シールドをでっちあげました。ベースはゲルググのシールドの上下をカットしたものです。ジャンクパーツからそれらしいパーツをぺたぺたひっつけてみました。腕部とのジョイントもゲルググのものです。

20140130016.JPG
この角度から見た頭部のバランスが私的には理想に近いですね。

20140130013.JPG
ストロボなしで撮影したら、いい感じの絵面になりました。

この記事タイトルをドムの製作とするかドム・トルーパーの製作とするか、悩ましかったのですが、私的にはドムのつもりで製作しました。

ガンプラ製作 MS-09 ドム

2014年 01月27日 01:05 (月)

今回からガンプラが何回か続きます。
私的に2010年頃からガンプラブームが再燃してしまいました。きっかけは、会社で一回り下の同僚とガンプラ話で盛り上がったことでした。実のところ、ファーストガンダム直後、何体か製作したのですが、あまり納得できる仕上がりでなかったことと、作りかけで挫折したものもあったのです。30年越しの宿題を片付けたいというのが一番の理由だったかもしれません。

初めに、練習として製作したのはゲルググでした。電飾、塗装、改造などそれまで雑誌で予習した技術を実践してみました。現物はその同僚にお中元としてプレゼントしてしまったので、画像も残っていませんが、次のようなものでした。
 ヤンキー仕様(機体色はパールホワイト、返り血塗装)
 ランドセルはジャンクパーツからの自作(竹槍マフラー4本)
 モノアイと胸部ダクト発光
 シールド改造(先端に丸ノコ装備)
 手持ち武器追加(ビームバタフライナイフ、チェーン、木刀、鉄パイプ)

さて、ご紹介するのはMS-09ドムです。ファーストではリックドムが一番好きなMSでして、近所の量販店に購入に出かけました。

20120127001.jpg
こいつです。我が家の事情からして、1/144しか考えていなかったので、迷わず手にしました。ところが・・・
なんかイメージと違うんです。多分、妄想美化しているのだと思いますが、「こいつ、こんなにずんぐりしてたっけ??」と呟いてしまいました。恐らく「めぐり逢い宇宙」の冒頭とかが刷り込まれているんでしょう。
で、隣の棚で見つけたのがこれ。

20120127002.jpg
20120127003.jpg
たまたまパッケージのポーズもそっくりですが、こちらのプロポーションの方が気に入ってしまい、当初の予定とは違ってこちらを購入。

完成したものの画像がこちら。
20120127004.JPG
20120127005.JPG
20120127006.JPG
うちのカメラではもう全然紫色が再現できません(泣)。青く見えている部分はベタな紫です。

20120127007.JPG
20120127008.JPG
試しに赤いライトを当ててみたんですが、ほぼ無力です。

20120127009.JPG
無駄なあがきですが、色調補正で目いっぱい赤に寄せてみました。余分なところがまっかっかです・・・

ケースはホームセンターで購入。バックの月はネットの画像をプリントアウトしたものです。
外装の改造点は
 ジオンらしく、エッジを立たせる
 頭部はドムらしい形状に変更
 ビームシールドの代わりに、ジャンクパーツなどで自作したシールドを装備
といったところです。

次回は電飾などについて。

昔作ったプラモ その2

2014年 01月04日 00:25 (土)

あけましておめでとうございます。今年も趣味一辺倒のブログをよろしくお願いいたします。

さて、前回に続いて古いプラモの写真です。
ヤマトメカコレクションや戦艦のプラモなどをミックスして、オリジナル艦隊なんかを作ってみました。
20140104001.jpg
ドレッドノート級旗艦

20140104002.jpg
大型駆逐艦

20140104003.jpg
中型巡洋艦

20140104006.jpg
艦載機 戦闘機のプラモにコスモゼロのウイングとかをひっつけています。

20140104004.JPG
20140104005.JPG
ヤマトメカコレにおまけでついていた艦載機 これのみ現存しています。

昔作ったプラモ

2013年 12月30日 00:42 (月)

今年もあと2日になってしまいました。今回が今年のラストになると思います。またしても激古の写真です。現物は現存していません。写真のみ保管していたので、スキャンしました。

20131230001.jpg
20131230002.jpg
バンダイ ベストメカコレクションの宇宙大帝ゴッドシグマ。アニメ雑誌を見つつ塗装に苦労した思い出があります。

20131230003.jpg
同じくガンダム。噴射煙は白い紙をカットして、ピントが合わないようにレンズの前に置いただけです。

20131230004.jpg
同じくズゴック。こんなポーズをとらせても、自立しました。この頃はパーツラインにやすりをかけるとか、溝に墨入れをするとか全然知りませんでした。

20131230005.jpg
アオシマの合体プラモシリーズのイデオン。

20131230006.jpg
駄菓子屋でビニール袋に入って吊るされていたUFO戦士ダイアポロン。

20131230007.JPG
同じくUFO少年団の戦闘機。これのみ現存しています。

20131230009.jpg
これも駄菓子屋で買った鋼鉄ジーグ。
ジーグはテレビマガジンの予告でデザイン画を見たとき、てっきりライディーンの化石獣かと思いました。