05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

トラウマになりそうな怪獣・怪人

2015年 03月04日 01:13 (水)

ゴジラシリーズは中休みして、別企画です。

子供の頃からアニメも特撮も大好きでしたが、昔ははっきりと
区分されず、「テレビまんが」と総称されていましたよね。
そんな私が心に刻まれている、怪獣・怪人を集めてみました。
コンセプトはただひとつ。インパクトです。
かっこいい意味でのそれではなく、???とか、・・・とか、(苦笑)的な感じの奴らです。

まずは怪獣から。

20150304001.jpg
ウルトラQより M1号
ジミー大西を見たとき、デジャヴを禁じ得ませんでした。
霊長類っぽいデザインですが、どれにも似ていないところがスゴイです。

20150304002.jpg
同じく ガラモン
実はロボット怪獣なんですが、宇宙人の発想するロボットは、
自身の延長線上にはないんでしょうかね。
それともセミ人間の星にはこいつに似た獰猛な生物がいたりするんでしょうか?

20150304003.jpg
ウルトラマンより ガボラ
最初に登場したときは地味な奴だと思ったんですが、なんと・・・
20150304004.jpg
ぱかっと開くと言う。子供殺しのギミックですよねぇ。

20150304005.jpg
同じく ジャミラ
ストーリーは哀愁漂う名作なんですが、体育の着替えのとき1回はやったでしょ。

20150304006.jpg
ウルトラセブンより バド星人
元祖ニコちゃん大王。

20150304008.jpg
帰ってきたウルトラマンより タッコング
タコの怪獣というとリアルっぽいのが多いんですが、
こんな処理があるのか、っていう感じですね。
ちょっとおいしそうでもあります。

20150304007.jpg
同じく ツインテール
ほかに同じタイプがみつからないデザイン、
気色の悪いディテール、知性のない顔、全てがインパクトの塊です。

20150304009.jpg
ウルトラマンAより ギタギタンガ
超獣はハイブリッドなデザインが持ち味なんですが、
デザインはともかく名前がスゴイ。

20150304010.jpg
ジャイアントロボより ガンモンス
目玉の下にクラゲみたいな触手というえげつないデザイン。
目玉がメインの奴って、本能的に気持ち悪い感じですね。

20150304011.jpg
ガンマー第3号宇宙大作戦より フローラ
美しげな名前とは裏腹なお姿。上記のガンモンスに共通する感覚を覚えます。

続いて怪人編

20150304015.jpg
イナズマンより イツツバンバラ
顔が五つでイツツバンバラ。モチーフの選択が天才です。

20150304013.jpg
人造人間キカイダーより モモイロアルマジロ
どこがアルマジロやねん!

20150304014.jpg
ロボット刑事より コシカケマン
これもモチーフ選択が秀逸。
こいつ以外にも、ロッカーマンだとかコワシマンだとか。
バドーのボスはひょっとしてやなせたかし?

20150304012.jpg
電人ザボーガーより ブルガンダー
これは最近の劇場版。テレビ版とほぼほぼ一緒のテイストです。

20150304016.jpg
コンドールマンより ゼニクレイジー
明石家さんまじゃありません。

20150304022.jpg
悪魔くんより 百目
これだけの目にそれぞれ通常の痛覚があったら、たまらんですね。

ここからバロム1のドルゲ魔人を5連発で。
20150304017.jpg
クチビルゲ
20150304018.jpg
カミゲルゲ
20150304019.jpg
クビゲルゲ
20150304021.jpg
ノウゲルゲ
20150304020.jpg
そして極めつけ、ヒャクメルゲ
もう放送禁止の一歩手前!

20150304023.jpg
海外作品 宇宙水爆戦より メタルナミュータント
作品は見たことがないのですが、怖そうな印象を与えるデザインですね。  

さてこれ以外にもまだまだありそうですが、
とりあえずゴレンジャーの仮面怪人は除外することにしました。
卑怯なくらいインパクト満載なので。
また画像が集まったら、次回があるやも知れません。
スポンサーサイト

実写化映画って意味あるの? 21世紀編その3 movie collection 21th century part3

2014年 12月18日 01:09 (木)

21世紀編はこれで最終回。

今年の分までで一応ピリオドにします。

2011 asita
2011年 あしたのジョー
20世紀編でちらっと触れましたけど、丈はこんなに育ちのいい顔をしてちゃいけません。
かなり体は作りこんでいたみたいですが。力石はポスターを見る限りまあまあですか。

2011 kaibutu
2011年 怪物くん

2011 mainiti
2011年 毎日かあさん
実は主演の永瀬正敏と小泉今日子は元夫婦なんですが、それを知らずにキャスティングしたらしいです。

2011 kotikame
2011年 こちら葛飾区亀有公園前派出所
キャラ物俳優になってしまった真吾ちゃんの両さん。
結局、ジャニーズの人たちってどんな役でも、同じ演技しか出来ないようにしか見えないんですよね。

2011 niatama
2011年 忍たま乱太郎
放送開始から18年もたって、なぜかショタ人気が爆発。腐女子の方々の志向はよくわからんです。

2011 wild7
2011 wild72
2011年 WILD7
キャストを見るとかなり力が入っていたようですね。評判をあまり眼にしていないのですけど。

2012 arakawa
2012年 荒川アンダー・ザ・ブリッジ
河童さんが小栗旬!もう出オチでしかない。

2012 himituno
2012年 ひみつのアッコちゃん
このところすっかり大女優みたいになってる綾瀬はるかが主演。
私は彼女にはさっぱりそそられないんですが、世の男性とは少し好みが違うんですかね・・・

2012 ouran
2012年 桜蘭高校ホスト部

2012 rurouni
2012年 るろうに剣心
こちらも今更感があったにもかかわらず、大ヒットしたようです。
主演の佐藤=電王=健は近年の平成ライダー俳優の中では出世頭ですね。

2012 terumae
2012年 テルマエ・ロマエ
アニメ版より笑えるという珍しい作品。2014年に続編が公開されました。

2012 uchuukyoudai
2012年 宇宙兄弟
こうして見ると、小栗旬もかなりキャラ物俳優になりつつありますねぇ。

2012 youkai
2012年 妖怪人間ベム

2013 gatchaman
2013年 ガッチャマン

2014 seiya
2014年 聖闘士星矢

2014 lupin3
2014年 ルパン三世

2014 kisei
2014年 寄生獣

2014 AOHA
2014年 アオハライド

2014 pat001
2014 pat01
2014 pat1
2014 pat3
2014 pat4
2014 pat2
2014 pat5
2014 pat6
2014 pat7
2014年 パトレイバー THE NEXT GENERATION 
もともとパトレイバーは、マンガ・テレビアニメ・OVA・劇場アニメ・CDドラマと、
メディアミックスを念頭にしていた最初のコンテンツですから、今まで実写化されなかったのが
不思議なくらいなんですが、おおむね好評のようです。
アニメシリーズも面白かったんですが、唯一の難点は主人公にまるっきり萌え要素がないことでした。

来年は「進撃の巨人」が当面最大の目玉でしょうか。楽しみ半分不安半分と言いたいところですが、
今のところ1:9くらいですね・・・

実写化映画って意味あるの? 21世紀編その2 movie collection 21th century part2

2014年 12月15日 01:08 (月)

21世紀編の2回目です。

調べているうちに、こんなに作品があったのかと驚いていますが、
まったく印象に残っていないものも多々あって、そこにも驚いています。

2007 captain
2007年 キャプテン
舞台が下町の中学校野球なので、実写でも妥当な作品ですね。

2007 gegege
2007年 ゲゲゲの鬼太郎
過去の実写としてはフジテレビの月曜ドラマランド版がなかなか出来が良かったですね。
この作品はとにかく田中麗奈が抜群。ノーメイクで猫娘ができるのは彼女しかいないでしょう。

2007 dororo
2007年 どろろ
まさかの実写化でしたね~。キャスティングがどうかなと思っていましたが、柴咲コウが魅力的に
演じていて、好感がもてました。

2007 mishishi
2007年 蟲師
これもオダギリジョーがルックスどはまり。しかし監督・脚本が大友克洋なのにまるっきり話題に
ならなかったような・・・

2007 Trans
2007年 TRANSFORMERS
製作・総指揮スティーヴン・スピルヴァーグという鳴り物作品。
以後続編が作り続けられています。

2008 mahotukai
2008年 魔法遣いに大切なこと
アニメの1作目は好きだったんですが、まさか映画になっているとはまったく知りませんでした。
岡田将生、永作博美など今人気の俳優陣が出ています。

2008 otokojuku
2008年 魁!!男塾
まさに実写で撮ってこその潔さを感じます。多分シリーズにしたかったんでしょうねぇ・・・

2008 speedracer
2008年 SPEED RACER
言わずと知れたマッハGOGOGO。タツノコのアニメは昔からアメリカで人気があったようです。
メカはもちろんCG。この頃トイざラスでおもちゃを見かけたんですが、ボタン一つで凶悪なマッハ号に
変形すると言うものでした。

2009 astro-boy
2009年 ASTROBOY

2009 asukagumi
2009年 花のあすか組 NEO!
まあこの手の学園物とか、日常系の恋愛物とかって、アニメ化するほうが不自然ですよね、と私は
思っているのですが。

2009 dragonb
2009年 DRAGONBALL EVOLUTION
結構TVでCMを見かけていたと思うんですが、TV放送すらされていませんよね。

2009 turikiti
2009年 釣りキチ三平
ねえねえお父さん、釣りキチのキチってなあに???

2009 kamui
2009年 カムイ外伝
後に結婚することになる松山ケンイチと小雪が共演。小雪ってはなっから嫌いなタイプなんですけど、
すごい発言をしていましたよね。松山ケンイチがプロポーズしたとき、
「あんたみたいな若造で大丈夫なの?」

2009 yatter
2009 yatter2
2009年 ヤッターマン
アニメシリーズもそうですけど、なにしろドロンジョが肝ですよね。
深キョンがこんなにはまるとは思いませんでした。もちろんルックスだけの話。

2010 kimini
2010年 君に届け
主演の三浦春馬は実写版「進撃の巨人」でエレンを演じるらしいですね。

2010 yamato
2010年 SPACE BATTLESHIP ヤマト
やりたいことは分かるんですが、いかんせん2時間かそこいらの枠にはちょっと詰め込みすぎ。
良くも悪くもキムタクはキムタクでしかない。

思っていたより作品数が多いのでもう1回つづきます。

実写化映画って意味あるの? 21世紀編その1 movie collection 21th century part1

2014年 12月14日 01:19 (日)

前回に続き、21世紀編をお送りします。

2000年頃から映像のデジタル技術が飛躍的に向上しました。
それまでも、古くは「少年探偵団」や「タイムボカン」などで実験的にCGが使用されていました。
しかし、それはごくごく平板な画像に変型をかけるといった程度でした。
急激に身近になったのは1993年のアーケードゲーム「バーチャファイター」でしょう。
翌年にはセガサターンの目玉ソフトとして家庭に侵入してきました。
パソコンの価格が落ちてくると、さらに進化と浸透が加速しました。
部分的な映像の変型や、ディスプレイの表現に使用されるのが日常的になり、
フルCGアニメの誕生まであっという間でした。

21世紀編では、フルCGでのリメイクも、無用な実写化と決めつけてピックアップしています。

2001 akakage
2001年 RED SHADOW
旧作が好きだっただけに、ほとんど興味がありませんでした。

2004 hattorikun
2004年 ハットリくん ザ・ムービー
SMAPの香取慎吾が主演というのでかなり衝撃でした。これ以降、彼にはキャラ物の作品しか来ていない
気がします。

2004 choney
2004年 キューティーハニー
庵野監督によるリメイク。せっかくサトエリを起用したのにこの衣装はないわ・・・というのが正直なところ。

2004casshern.jpg
2004年 CASSHERN

2004 Devilman
2004年 DEVILMAN
見ていませんし、見る気もないのですが、この2作品がこの年の日本映画ワーストのツートップらしいです。

2005 cromaty
2005年 魁!!クロマティ高校
評価とかなによりも、実写化を決断したのがすごい。

2005 tetujin
2005年 鉄人28号

2005 id
2005年 頭文字D

2005 touch
2005年 タッチ

2006 hanada
2006年 花田少年史

2006 nekome
2006年 猫目小僧
旧作はアニメ作品と言えるかどうか微妙なんですよね。「劇メーション」というナゾのあおりがついていたんですが、
実際には紙芝居だったんで、実写カテゴリーが正しいような気もします。
この作品、喜んだのってショコタンだけだったのでは・・・

2006 saishu
2006年 最終兵器彼女

2006 tenipri
2006年 テニスの王子様

ここまでで結構おなかいっぱいな感じなんですが、この後もさらに過酷な旅が続きます。
次回に続く。

実写化映画って意味あるの? 20世紀編 movie collection 20th century

2014年 12月12日 01:11 (金)

新シリーズです。
アニメ作品の実写化映画の宣材とかポスターなんかを集めてみました。
あくまでもアニメ作品ありきですので、実写先行の場合は除外しました。
それと、劇場公開された作品を対象にしましたので、TVスペシャルとかビデオ発売のみ
とかも除外しています。

知っている範囲のコメントを書き添えます。
まずは20世紀編です。

70 asitanojoe
1970年 あしたのジョー
ジョー役の石橋正次さんは結構悪くない配役だと思います。やさぐれた感じはマストですよね。
無理やり髪型を似せたりしていないところもOKでしょ。
その後TVアニメの再編集映画もコンスタントにヒットしました。2011年に再度実写映画になりました。

74 lupin
1974年 ルパン三世念力珍作戦
以前「テレビ探偵団」でちらっと紹介されていましたが、一体何故この映画を撮ろうと思ったか
さっぱり理解できないです。
「ルパン三世」がギャグとかコメディだと思っている人が多いようですが、大間違いですよ。

77 dokaben
1977年 ドカベン
キャストの面々はなかなか似ていらっしゃいます。こういう野球物って、試合のシーンがネックですよね。
盛り上がる試合のシチュエーションなのに、ロケは河川敷のグラウンド・・・・

77 karatebaka
1977年 空手バカ一代
この頃、極真会館の実録とか、四角いジャングルシリーズなんかがよく公開されていました。
名画座なんかで3本立てを見たりしました。
プロレスと違って、基本的にはあまりリアルファイトには興味がないんです。

83 miyuki
1983年 みゆき
あだち充を一躍ビョーキ漫画家に押し上げた一作。
昔のアイドル歌手って映画会社と契約するのが必須だったようで、デビューするとビッグタイトルに
端役で出演していましたね。

86 maison
1986年 めぞん一刻
恋愛マンガの代表みたいに言われた時期もありましたが、あんな面倒くさい上に鈍い女は
そうそういないと思うんですよ。だからマンガなんですけど。
アパートメントファンタジーとかいうサブタイトルもなんだか微妙だし。
主演の石原真理子はぷっつん(おお、懐かしい!)だし。

87 haikarasn
1987年 はいからさんが通る
スケバン刑事Ⅱで大ブレイクしたナンノの主演。最近またTVでよく見かけるようになりましたね。
今見返しても美少女ですよ。ただ、この頃は何が何でも歌を歌わされるのが切ないです・・・

92 8man
1992年 エイトマン
東京ドームでアクションショーとコラボで公開と言う変り種。なぜあの時にエイトマンをやろうと思ったのか、
いや、思ってしまったのか。何かの啓示があったのか。神のお告げか。どうでもいいけど。
こうしてみると、スーツはそれなりにかっこいいですね。

94 shoot
1994年 シュート!
SMAPが6人だった頃の主演映画。といって6人時代のSMAPって曲もよく知らないし、
男性アイドルに興味もないし、おそらくサッカーものだろうというくらいしか知りません。

93 city-hunter
1993年 CITY HUNTER
なぜかジャッキーチェンが主演したシティハンター。

95 hokuto
1995年 北斗の拳
これも以前TV番組で紹介された記憶があります。
なにもかもがショボかったように記憶しています。

97 catseye
1997年 CAT'S EYE
実際のところ、見ていないんですが、私が見たいのは、レオタードであってビザールっぽいボディスーツでは
ないのです。製作側はきちんと作品の魅力を把握してほしいものです。

SPANISH db
製作年不明のスペイン語版ドラゴンボール。
テキトー具合もここまでやれば、かえって清清しくギャグとして受け取れるというもんです。

面白い映画を探しているあなた、
「惑星大戦争」は超おススメのギャグ映画ですよ。80-90年代のSF映画やアニメを知っていれば、
なお大爆笑をお約束します。