01月 « 2015年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

画像コレクション ゴジラの息子 その1 son of godzilla part1

2015年 02月26日 00:17 (木)

画像コレクション ゴジラシリーズ第8作
「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」第1回です。
画像数が少なめなので、2回になります。
ブログタイトルでは前半を割愛しました。

公開は1967年暮れ。
ミニラのデビュー作です、が。
あまりにもぶっさいくで子供の頃、というか今でも嫌いなんですよ。
この作品で、ゴジラがオスであること、産卵による繁殖が明らかになりました。
産卵したのが誰か、は謎のままですが。
さらに、怪獣ランドの発想のベースにもなった作品です。

※サムネイル表示になっています

1
g08001.jpg
2
g08002.jpg
3
g08003.jpg
4
g08004.jpg
5
g08005.jpg
6
g08006.jpg
7
g08007.jpg
8
g08008.jpg
9
g08009.jpg
10
g08010.jpg
11
g08011.png
12
g08012.jpg
13
g08013.jpg
14
g08014.jpg
15
g08015.jpg
16
g08016.jpg
17
g08017.jpg
18
g08018.jpg
19
g08019.jpg
20
g08020.jpg
21
g08021.jpg
22
g08022.jpg
23
g08023.jpg
24
g08024.jpg
25
g08025.jpg
26
g08026.jpeg
27
g08027.jpg
28
g08028.jpg
29
g08029.jpg
30
g08030.jpg

スポンサーサイト

画像コレクション 南海の大決闘 その2 ebirah,horror of the deep part2

2015年 02月23日 00:54 (月)

「南海の大決闘」第二回です。この作品はこれにて終了。

子供の頃エビラのソフビを持ってました。
お風呂屋さんで遊んだ記憶があります。
今、冷静に見ると、エビラはザリガニですよね。
まあハサミくらいないと怪獣同士の格闘戦が成り立ちませんけど。
一方的に食われるだけじゃ絵になりません。

※サムネイル表示になっています

1
g07041.jpg
2
g07042.jpg
3
g07043.jpg
4
g07044.jpg
5
g07045.jpg
6
g07046.jpg
7
g07047.jpg
8
g07048.jpg
9
g07049.jpg
10
g07050.jpg
11
g07051.jpg
12
g07052.jpg
13
g07053.jpg
14
g07054.jpg
15
g07055.jpg
16
g07056.jpg
17
g07057.jpg
18
g07058.jpg
19
g07059.jpg
20
g07060.jpg
21
g07061.jpg
22
g07062.jpg
23
g07063.jpg
24
g07064.jpg
25
g07065.jpg
26
g07066.jpg
27
g07067.jpg
28
g07068.jpg
29
g07069.jpg
30
g07070.jpg
31
g07071.jpg
32
g07072.jpg
33
g07073.jpg
34
g07074.jpg
35
g07075.jpg
36
g07076.jpg
37
g07077.jpg
38
g07078.jpg
39
g07079.jpg
40
g07080.jpg
41
g07081.jpg
42
g07082.jpg
43
g07083.jpg
44
g07084.jpg

画像コレクション 南海の大決闘 その1 ebirah,horror of the deep part1

2015年 02月19日 00:32 (木)

画像コレクション ゴジラシリーズ第7作「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」
1回目をお届けします。

フルサイズのタイトルは長いので、ブログタイトルでは前半を割愛しました。
英文タイトルは映像ソフトのパッケージ表記にしましたが、
アメリカでの公開時は godzilla vs the sea monster だったそうです。

公開は1966年。前作からちょうど1年後です。
この年は、私にとっては、メモリアルイヤーといっても過言ではありません。
1月にはウルトラQ、7月にはウルトラマン、マグマ大使が放送開始。
サンダーバードもこの年から放送されています。
そして怪獣映画初体験であるガメラ対バルゴンの公開と、
幼少期のすべてが凝縮されたような年でした。

作品としてはゴジラのアイドル化が始まった感があります。
舞台が南洋になっているのは、もともとボツ企画となった「キングコング対エビラ」を
ゴジラに置き換えて製作されているということと、モスラの人気の高さから
登場させたいという意向が反映されたようです。

※サムネイル表示になっています

1
g07001.jpg
2
g07002.jpg
3
g07003.jpg
4
g07004.jpg
5
g07005.jpg
6
g07006.jpg
7
g07007.jpg
8
g07008.jpg
9
g07009.jpg
10
g07010.jpg
11
g07011.jpg
12
g07012.jpg
13
g07013.jpg
14
g07014.jpg
15
g07015.jpg
16
g07016.jpg
17
g07017.jpg
18
g07018.jpg
19
g07019.jpg
20
g07020.jpg
21
g07021.jpg
22
g07022.jpg
23
g07023.jpg
24
g07024.jpg
25
g07025.jpg
26
g07026.jpg
27
g07027.jpg
28
g07028.jpg
29
g07029.jpg
30
g07030.jpg
31
g07031.jpg
32
g07032.jpg
33
g07033.jpg
34
g07034.jpg
35
g07035.jpg
36
g07036.jpg
37
g07037.jpg
38
g07038.jpg
39
g07039.jpg
40
g07040.jpg


東映ダークヒーロー シルバ silva from bioman

2015年 02月16日 00:37 (月)

東映ダークヒーローシリーズ 「超電子バイオマン」からシルバが入手できましたので、
ご紹介します。

おもちゃを扱っている中古ショップめぐりは定期的に行っていて、我が家から車で30分圏内に
5件くらい点在しています。
最近はガシャポンの仮面ライダー新1号をずっと探していたのですが、
たまたまこのシルバを見つけられました。
ハカイダーをオマージュしたデザインが最大の魅力です。
劇中では残念なキャラで終わってしまった印象しかないですね・・・

それでもフィギュアの方はかっこよくできています。
眼の部分は若干褪色が見られたので、モンザレッドを上塗り。
あとはいつものように、グレーのマーカーでシャドー塗りし、
頭頂部や肩のプロテクター部分に明るいシルバーを塗り足しました。
各パーツは接着・固定してあります。

20150216001.jpg
20150216002.jpg
20150216003.jpg
20150216004.jpg
20150216005.jpg
20150216006.jpg
20150216007.jpg
こうして改めて見ると、シルバの頭部はダンバインに似てますね。

画像コレクション 怪獣大戦争 その2 invasion of astro-monster part2

2015年 02月12日 23:43 (木)

「怪獣大戦争」第2回です。

※サムネイル表示になっています

1
g06041.jpg
2
g06042.jpg
3
g06043.jpg
4
g06044.jpg
5
g06045.jpg
6
g06046.jpg
7
g06047.jpg
8
g06048.jpg
9
g06049.jpg
10
g06050.jpg
11
g06051.jpg
12
g06052.jpg
13
g06053.jpg
14
g06054.jpg
15
g06055.jpg
16
g06056.jpg
17
g06057.jpg
18
g06058.jpg
19
g06059.jpg
20
g06060.jpg
21
g06061.jpg
22
g06062.jpg
23
g06063.jpg
24
g06064.jpg
25
g06065.jpg
26
g06066.jpg
27
g06067.jpg
28
g06068.jpg
29
g06069.jpg
30
g06070.jpg

画像コレクション 怪獣大戦争 その1 invasion of astro-monster part1

2015年 02月11日 23:30 (水)

画像コレクション ゴジラシリーズ第六作「怪獣大戦争」第1回です。

画像数があまり多くないので、全2回になります。

作品としては前作から1年後、1965年暮れの公開です。
英文タイトルからも察せられるように、キングギドラが主役級で、
なんとなく「地球最大の決戦」パート2といった感もあります。
とはいえ、初期ゴジラの中でも魅力満載の屈指の娯楽作です。

まずはオープニングテーマです。陸上自衛隊の映像が映ったら、
脳内で自動的にこの旋律が流れてしまうくらい、有名なBGMです。
「クレヨンしんちゃん」のパロディシーンでも使用されていました。
ゴジラのスーツは前作とほぼ同様のようですが、
この頃の顔つきがゴジラのイメージとして一般的なんじゃないでしょうか。
円谷監督のサービス精神によって、あの「シェー」が採用されたらしいんですが、
私と同年代の方なら、古いアルバムに必ず「シェー」のガキが写ってるはずです。

そして決してはずせないのが、水野久美さん演じる超絶美女、X星人波川ですね。
なにをかいわんや。スチールを見てください。

※サムネイル表示になっています

1
g06001.jpg
2
g006002.jpg
3
g06003.jpg
4
g06004.jpg
5
g06005.jpg
6
g06006.jpg
7
g06007.jpg
8
g06008.jpg
9
g06009.jpg
10
g06010.jpg
11
g06011.jpg
12
g06012.jpg
13
g06013.jpg
14
g06014.jpg
15
g06015.jpg
16
g06016.jpg
17
g06017.jpg
18
g06018.jpg
19
g06019.jpeg
20
g06020.jpg
21
g06021.jpg
22
g06022.jpg
23
g06023.jpg
24
g06024.jpg
25
g06025.jpg
26
g06026.jpg
27
g06027.jpg
28
g06028.jpg
29
g06029.jpg
30
g06030.jpg
31
g06031.jpg
32
g06032.jpg
33
g06033.jpg
34
g06034.jpg
35
g06035.jpg
36
g06036.jpg
37
g06037.jpg
38
g06038.jpg
39
g06039.jpg
40
g06040.jpg


画像コレクション 地球最大の決戦 その3 monster of monsters,ghidorah part3

2015年 02月07日 00:31 (土)

「地球最大の決戦」第三回です。
この作品は1964年の暮れ、つまり正月興行作品ですが、
同年の春、前作のモスゴジが公開されていますので、
東京オリンピックをはさんで、ゴジラシリーズが二作公開されているんですね。

ラドンは1956年に単独デビューしていますので、8年ぶりの登場ということになります。
以後、アンギラスとならんでバイプレイヤーの位置付けをされています。
翼竜型怪獣ということと、デビュー作のラストが結構しんみりしていることもあって、
なかなか派手に暴れるシーンはお目にかかれません。

一方、鮮烈なデビューとなったのがキングギドラでした。
なにしろ引力光線のかっこよさときたら、東宝怪獣随一じゃないでしょうか。
稲妻状の光線を考え出した人は天才ですよ。
ただ、実は操演されている三つの首の動きと、弾着のつじつまを合わせるために
考え出されたらしいのですが。

※サムネイル表示になっています

1
g05081.jpg
2
g05082.jpg
3
g05083.jpg
4
g05084.jpg
5
g05085.jpg
6
g05086.jpg
7
g05087.jpg
8
g05088.jpg
9
g05089.jpg
10
g05090.jpg
11
g05091.jpg
12
g05092.jpg
13
g05093.jpg
14
g05094.jpg
15
g05095.jpg
16
g05096.jpg
17
g05097.jpg
18
g05098.jpg
19
g05099.jpg
20
g05100.jpg
21
g05101.jpg
22
g05102.jpg
23
g05103.jpg
24
g05104.jpg
25
g05105.jpg
26
g05106.jpg
27
g05107.jpg
28
g05108.jpg
29
g05109.jpg
30
g05110.jpg
31
g05111.jpg
32
g05112.jpg
33
g05113.jpg
34
g05114.jpg
35
g05115.jpg
36
g05116.jpg
37
g05117.jpg
38
g05118.jpg
39
g05119.jpg
40
g05120.jpg

画像コレクション 地球最大の決戦 その2 monster of monsters,ghidorah part2

2015年 02月03日 00:45 (火)

「地球最大の決戦」2回目です。
前回、全4回と書きましたが、画像を整理した結果、
3回になります。

さて、前回掲載分のポスターに、
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦」
なるタイトルがあったと思いますが、
これは1971年の東宝チャンピオンまつりでの
リバイバル版のタイトルです。
実際にはゴジラ・モスラ・ラドンの立場からの
地球最大の決戦なのですが、ラドンは気の毒にも
無視された形になっています。

※サムネイル表示になっています

1
g05041.jpg
2
g05042.jpg
3
g05043.jpg
4
g05044.jpg
5
g05045.jpg
6
g05046.jpg
7
g05047.jpg
8
g05048.jpg
9
g05049.jpg
10
g05050.jpg
11
g05051.jpg
12
g05052.jpg
13
g05053.jpg
14
g05054.jpg
15
g05055.jpg
16
g05056.jpg
17
g05057.jpg
18
g05058.jpg
19
g05059.jpg
20
g05060.jpg
21
g05061.jpg
22
g05062.jpg
23
g05063.jpg
24
g05064.jpg
25
g05065.jpg
26
g05066.jpg
27
g05067.jpg
28
g05068.jpg
29
g05069.jpg
30
g05070.jpg
31
g05071.jpg
32
g05072.jpg
33
g05073.jpg
34
g05074.jpg
35
g05075.jpg
36
g05076.jpg
37
g05077.jpg
38
g05078.jpg
39
g05079.jpg
40
g05080.jpg