07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

宇宙戦艦ヤマト99の謎 99 misteries of space battleship yamato

2015年 03月09日 01:02 (月)

久しぶりにアニメの話です。

その昔、宇宙戦艦ヤマトというテレビアニメがありまして、
劇場版が公開され、空前のブームとなりました。
この頃やっとアニメーションと言う単語が世間に認知され始めたんです。

20150309001.jpeg
これこれ。懐かしいですね。ヤマトといえばこのビジュアルって感じです。

さて本題です。この記事のタイトルはその頃入手した同人誌のタイトルです。
テレビ版第一作に限っての疑問や矛盾を挙げ、限りなく整合性のある
答えを導こうとした文字主体の同人誌でした。
残念ながら手元にはもうないのですが、
興味深い一冊でしたので、記憶を頼りにかいつまんでご紹介します。
もし、今でもお持ちの方がいたら、詳しくアップしてください。

Q1
古代と島が火星でサーシャの宇宙船を目撃し、遺体と対面するが、
そのまま火星に埋葬してしまう。
人類にとって異星人とのファーストコンタクトであったはずなのに、
遺体を持ち帰らないとはどういうことか。

A1
この頃、戦争における電子戦は先鋭化しており、
いかにコンピュータの予測を裏切ることができるかが、軍関係者のスキルと
なっている。
言い換えれば、非常識な、かなり頭のおかしい連中こそが訓練兵のエリート
なのである。
A2
非公式ではすでにイスカンダルもしくはガミラスとの接触は済んでおり、
ファーストコンタクトではなかった。
また、墓標は画面に映っているが、実際に埋めたかどうかは不明。

Q2
ヤマトが地球を発進する際、旧日本海軍の戦艦大和の中から現れたように見えるが、
そもそも形も大きさも違っているものにそんなことが可能なのか?

A
ヤマトは実は宇宙生物(俗称 宇宙ヒルモドキ)で形成されている。
こいつは星間物質、有機物、鉱物、熱エネルギーなど、ありとあらゆるものを
栄養として取り込むことができ、外部から記憶させた形状を保つことが可能。
しかも蓄えたエネルギーを必要に応じて、体組織として変換したり、
熱エネルギーなどに使用することができる。
これにより、無尽蔵に発射できるミサイルや、いつも新品の艦載機の説明もつく。

つまり敵の攻撃によってピンチのように見えるほど、ヤマトにとっては食べ放題バイキングの
状態なのである。
七色星団戦の直後や、ガミラス星を発進してイスカンダルに着陸するときなど、
まさにお腹いっぱい、つやつやてかてかのヤマトだったのである。

20150309005.jpg
コスモナイトという鉱物を採掘に行くシーンが描かれているが、
宇宙ヒルモドキにとっては抗生物質のようなものなのであろう。

また、第三艦橋が頻繁に大破もしくは喪失するが、
老廃物を貯めておく器官だとすればヤマトにとってはなんの損失でもない。
いわば金魚の糞のようなものである。

Q3
ゆきかぜの残骸が土星の衛星タイタンで発見されるが、
終盤、古代守がイスカンダルで生存していた。
一体誰が連れて行ったのか?
ガミラスならともかく、なぜイスカンダルだったのか?

A
ガミラスというか、デスラーを操っていたのがほかならぬ
スターシャだったからである。
20150309002.jpg
ガミラスをたきつけて侵略戦争をしかけ、挙句にコスモクリーナーDとやらを
法外な値段もしくは対価で売りつけるあこぎな女、それがスターシャの正体である。
もちろん、仕掛ける相手によって提示する品物は様々。
コスモクリーナーDは地球向けの商品にすぎない。
デスラーに生存者を回収するように指示をし、商談をさらに有利にしようとしたのである。
20150309006.jpg
ドメル将軍をはじめ、七色星団戦では各方面から武官が召集されたが、
似たような侵略戦争をしかけていたのであろう。
20150309004.jpg
ガミラスほどの軍事力があれば、イスカンダルの支配下から脱することも
可能だったかもしれないが、何らかの決定的なアドバンテージを握られていたのかも
知れない。
もうひとつ考えられるのは、デスラーの感情、ありていにいえば「惚れた弱み」
によるのかも。
20150309003.jpg

と、まあこういった内容の同人誌でした。
ストーリーを追いながら、疑問点を挙げていく形式でしたので、
細かい内容までは記憶しきれていませんが、
物語の大筋に関わる内容はおおむねこんな感じでした。

2199では、この辺にも結構切り込んだ描写があって、面白かったです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント