05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

ガシャポン ウルトラ怪獣その1

2014年 01月12日 01:28 (日)

ウルトラシリーズの魅力は語りつくせないほどですが、やはり怪獣・宇宙人の存在は絶大です。ウルトラQで毎週新しい怪獣が見られたのに、さらにそれと戦うヒーローが登場するのですから、当時の子供たちはまんまとはまりました。

今回はガシャポンのフィギュアです。ケースはダイソーで購入。フィギュア自体には特に改造は施していませんが、シャドー塗りはしています。すべて足の裏に軽くサンドペーパーをかけ、ベースに接着しています。

宇宙人編1
20140112001.JPG
20140112002.JPG
初代ウルトラマンの宇宙人を中心にしたセットです。両サイドのバルタン星人は別シリーズですが、バリエーションとして入れました。

20140112003.JPG
20140112004.JPG
20140112005.JPG
ウルトラマンの宇宙人はとても魅力的ですよね。シンプルというか、基本形という感じがします。
ザラブ星人は「ブラザー」の逆読みが語源らしいのですが、ウルトラゾーンの中で「THE LOVE」と表記されていて、目から鱗の感がありました。
ダダは私としてはトラウマに近いエピソードです。元々ホラー仕立てのストーリーなんですが、たまたま家に一人でいるときに見ていたんです。おかげで大人になるまで再放送があってもこの回だけ見ないようにしていました。

宇宙人編2
20140112006.JPG
20140112007.JPG
ウルトラセブンからレオまでの宇宙人です。

20140112008.JPG
20140112009.JPG
セブンはハードSFドラマとして評価が高いのですが、こと宇宙人のデザイン的な魅力としては、Qやウルトラマンには勝っていない気がします。

20140112010.JPG
ガッツ星人はどうしても2体並べたいところでしたが、1体しか手持ちがなかったので、中古ショップで見つけました。ガッツ星人はセブンに完勝した宇宙人です。(ポール星人は弱点を発見するにとどまりました)

20140112011.JPG
ナックル星人はブラックキングと並べたいところですが、ややサイズ的に難があったので、ブラックキングは怪獣編に入れてあります。ナックル星人もジャックに完勝しかかったのですが、詰めが甘かったですね。不敵な戦いぶりが絶品の演出になっていますので、一見の価値ありです。
べムスターはどちらかと言えば宇宙怪獣なんですが、プロポーション的に怪獣カテゴリーにしないことにしました。かわいい顔をしてめちゃ強いところが素晴らしいです。
テンペラー星人はややサイズが小振りですが、統一スケールにするとばかでかくなっちゃいそうですね。

次は怪獣編をご紹介する予定です。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント