09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ガンプラ製作 MS-09 ドム その2

2014年 01月30日 01:04 (木)

前回のドム製作の続きです。

ドムの製作に当たって、どうしてもクリアしたかったのは、モノアイの電飾でした。昨今のガンプラの雑誌作例などを見ると、MSアイとかのパーツを貼り付けるのが主流のようですが、ファースト世代としては、やはりシールドの奥のターレットを、光るモノアイがきょろきょろ動く、というのがイメージなんです。

というわけで、電飾のポイントは3箇所、モノアイ、拡散ビーム砲、バズーカです。

まず、モノアイですが、1/144の頭部なので、LED光源は体外に置き、光ファイバーで引っ張ることにしました。拡散ビーム砲は腹部に十分なスペースがあったので、LEDを直に据え付けています。バズーカは手元にあったムギ球を使用することにしました。結果的には三箇所の輝度が違うことになり、メリハリがついたんじゃないかと思っています。

20140130001.JPG
足元に光源があります。ここから光ファイバーを出して、スカート裏から体内を貫通して頭部へ伸ばしています。

20140130002.JPG
コントロールボックス(電源、スイッチ類)とのコネクターはケースの横から出しています。コネクターはパソコン用のものを使用しました。

20140130003.JPG
コントロールボックスの上面。箱は100円ショップで購入した小物入れです。
Bがバズーカ、Fは拡散ビーム砲(フラッシャー)の点灯、十字キーみたいなのがモノアイのコントロール。左手前の丸いボタンはメイン電源スイッチになっています。

20140130004.JPG
前面から見たところ。ぐちゃぐちゃですね(涙)・・・単3電池2本を2系統で計4本使用します。

20140130005.JPG
ふたを開けたところ。手探りであれこれ試行錯誤しました。

20140130006.JPG
モノアイコントロールの真裏。輪ゴムで引っ張り合うことで、十字スイッチから手を離したときは常にモノアイが中央に戻るようになっています。

20140130007.JPG
20140130008.JPG
20140130009.JPG
5個のLEDを点灯させて、あたかもモノアイが動いているように見せかけているのです。シールドは、十字ターレットを整形した後、型紙を作って製作。材料はこれまた100円ショップで購入したサンバイザーを使いました。また、光ファイバーの固定には金属製のパイプ状のビーズを使用しています。

20140130010.JPG
拡散ビーム砲の点灯時。さすがにLED直付けだと輝度が強いですから、この用途にはぴったりです。

20140130011.JPG
バズーカ点灯時。偶然にもこのキットのバズーカの内径とムギ球がぴったりで、固定にはまったく苦労しませんでした。輝度を上げるのと、光漏れの防止をかねて、バズーカの内側にアルミシール(ラピーテープ)を貼っています。

20140130015.JPG
バズーカの色は、下塗りのサーフェイサーのグレーがかっこよかったので、そのまま使用。部分的に少し濃いグレーをアクセント程度に塗っています。

20140130012.JPG
3箇所同時点灯!!

20140130014.JPG
元のキットではビームシールドが装備されていましたが、ドムには合わないと思いましたので、オミットしました。しかし少々物足りなさもあったので、急ごしらえの装備というマイ設定で実体シールドをでっちあげました。ベースはゲルググのシールドの上下をカットしたものです。ジャンクパーツからそれらしいパーツをぺたぺたひっつけてみました。腕部とのジョイントもゲルググのものです。

20140130016.JPG
この角度から見た頭部のバランスが私的には理想に近いですね。

20140130013.JPG
ストロボなしで撮影したら、いい感じの絵面になりました。

この記事タイトルをドムの製作とするかドム・トルーパーの製作とするか、悩ましかったのですが、私的にはドムのつもりで製作しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント