05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

ガンプラ製作 リックドムⅡ その1 GUNPLA RICK-DOMⅡ

2014年 04月05日 13:53 (土)

久しぶりのガンプラ製作記事です。と言っても、製作は2011年初頭のものです。あの震災をはさんでの製作になってしまいましたので、なんだかんだで5ヶ月くらいかかってしまいました。

さて、素材のキットはこちら。
リックドムⅡ
ファーストの中でも大好きなリックドムですが、0083に登場したこのリックドムⅡのデザインは出色ですね。
ただ、ジオン系のMSにC面処理って、私的には納得いかないものがありますので、例によってまともには製作していません。

今回のテーマは「盛れるだけ盛る」ことにしました。出来上がりはこれ。
リックドムⅡ
またしても紫色がブルーにしか発色してくれません・・・。ベースはリックドムⅡですが、ミキシングの素材として、ドライセンを選びました。系列として間違っていないだろうという感覚です。
コンセプトは敵艦隊に強襲をかけ、ありったけの花火をぶちまける機体。敗戦間近のやけっぱちMS的な感じです。

ドライセン
旧キットのドライセン。成型色が真っ赤という派手なキットです。

ドライセン
こちらはユニコーン版のドライセン。製作開始とほぼ同時期に発売されたので迷ったのですが、模型誌のレビューを見たら、腕部マシンガンのカバーが差し替え式になっているようでした。旧キットは開閉ギミックがあるので、そちらを使用することにしました。

ガンプラ
rick-dom
ケースに入れましたが、関節の可動はほぼ生かしてあります。ちょうどいいサイズのケースがなかったので、アクリル板を接着して自作しました。

gunpla
床面は、塩ビ板の上に切り売りのパンチングメタルを敷きました。

ガンプラ製作
リックドムⅡ
なかなか凶悪なリアビューでしょ。
重くなりすぎたので、ふんどし部分に金属製の固定金具をとりつけ、ベースにビス止めしてあります。スプリングパイプはエネルギーチューブのように見えますが、電飾用の光ファイバーを通しています。
巨大すぎるワンメイクの機体が、直接母艦にガントリーされている、というイメージです。

次回は、盛り付けのご紹介です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント